在宅ワークと副収入

|
在宅ワークを行っている人の中には、在宅ワークを本業としているのではなくて、本業の副収入として在宅ワークで報酬をもらっているという人も中に入ると思います。今は不景気で景気がよくなったとは言え、物価は値上がりますし、お給料には全く反映されませんし、かなり厳しい状況が続いていると思います。
在宅ワークで副収入を得たいと思っている人の中には普通のサラリーマンやOLも多く、会社が終わってから時間を利用したり、会社が休みの日を利用するなどして在宅ワークで副収入を得るために頑張っている人も多いと思います。確かにサラリーマンやOLの中には不景気にともなって残業をしてはいけなくなった会社も多く、今までよりも早く帰ってこれるようになったという人も多いでしょう。しかし外にまたかけもちで働きに行くというのは肉体的にも精神的にも大変だから、それなら在宅ワークをやり始めて家で自分の好きな時にリラックスしながら仕事ができればいいなと思う人も多いと思います。
在宅ワークで副収入を得る人はサラリーマンやOL以外に子育てをしている主婦も子供が小さいので会社に行くことができませんから自宅で家事と両立して副収入を得ているという人は多いと思います。
在宅ワークで副収入を得たいと思っている人に注意点がありますが、在宅ワークで副収入を得る際に自分の都合ですべてができると思っていると少し厳しいかも知れません。というのも、在宅ワークのほとんどは、クライアントからの発注があってこそ仕事がもらえるわけです。在宅ワークの仕事量はクライアントの希望に添わなくてはいけませんから、どんなに本業が忙しくて疲れていても副業だからといって在宅ワークをないがしろにすることができないのです。
在宅ワークの仕事量はクライアントから決められたものをこなしますが、ある程度はクライアントから希望を聞いてもらえると思いますが、できないといってしまうとそれ以上仕事をもらうことができなくなってしまいますから在宅ワークで副収入を考えているという人の場合には、自分の都合だけで在宅ワークができると思うのはやめた方がいいと思います。
在宅ワークも仕事を受けている以上は副収入ではなくてプロとして仕事をしているのですから、ちゃんと納期を守って発注された数をこなせるようにしなければいけないのです。在宅ワーク=副収入は少し考えを改めてもう少し厳しい現実を見た方がいいかもしれませんね。

在宅ワークとテレワーク

|
在宅ワークとテレワークについて紹介していきたいと思いますが、在宅ワークについて語っていく上でテレワークが何なのか知らないと話が進まないと思います。在宅ワークを最近はSOHOといいますが、在宅ワークがSOHOだと思っている人も意外と多いと思います。しかし在宅ワーク=SOHOというわけではなくて、SOHOをトータルでひっくるめて見た物がテレワークということになります。テレワークを在宅ワークの一つだと思っていた人や電話を使った仕事だと思っていた人も多いかもいれませんが、そうではなくてテレワークというのは離れて仕事をするというテレとワークという言葉が合体した造語ということになります。 在宅ワークのテレワークにはですからいろいろな種類がありますし、雇用形態も一つではありません。この在宅ワークのテレワークの雇用形態のひとつがSOHOなのです。在宅ワークのSOHOというのは会社に属さずに自分で個人や少人数で仕事を請け負う事業をしている人のことをいいます。 そして在宅ワークのテレワークのもう一つの雇用形態としては在宅勤務という形になります。こちらは在宅勤務なので、会社に所属していて家で仕事をしている人のことをいいます。在宅ワークはテレワークの種類のひとつでそしてまたSOHOは雇用形態のひとつということがこれでよくわかったと思います。 在宅ワークでテレワークをしているという人はこれはテレワークの中の在宅ワークをしてSOHOをしているという言い方や、テレワークで在宅勤務で在宅ワークをしているといった使い方になりますから、今までの考え方と少し違っているという人も多いのではないでしょうか。 なかなか在宅ワーク、テレワーク、SOHOの関係というのは深く掘り下げなければ意味がわからないかも知れませんが、今紹介したようにテレワークがあって在宅ワークがあって勤務形態にSOHOがあるということが理解できれば在宅ワークを探す際にも検索しやすくなるのではないでしょうか。 テレワークという言葉を初めて聞いたときには、私はテレフォンワークだと思っていました。電話を使って勧誘をしたりオペレーターのようなことを家でするのがテレワークというのだと思っていたのですが、大きな間違いでしたね。しかし在宅ワークのテレワークを私が勘違いしたように会釈している人も実際には多いかもしれませんから、在宅ワークをこれから始めようと思っているのであれば、これを機会に理解できたということはよかったですよね。

リストラを前向きに考える

|

最近ではどこを見ても「不景気」「リストラ」と、暗いニュースばかりが目に付きます。
どんなに大企業でも、今となっては「ここに就職すれば将来まで安心」という確信は持てないようです。
派遣社員のリストラが大きく取り上げられていますが、企業によっては正社員も解雇しているという話を聞きます。
「来週から来なくていいと言われた」などと言うサラリーマンの映像がニュースで流れると、明日は我が身と不安になる人も少なくないでしょう。
かと言って、国や会社に救いを求めても具体的な対策は見えてこないのが実情です。

こうなってくると自分自身でなにかできる対策はないかと頭を悩ませますが、悲しいかな、会社都合によって退職を迫られるケースは泣く泣く了解せざるを得ない場合がほとんどのようです。
しかし不況のせいだとか会社のせいだとか嘆いていても、明日からの人生に何かが見つかるわけではありません。
転職のために採用試験を受けたとしても、リストラの不運を引きずったまま面接すればもちろん好印象を与えることは不可能ですよね。
学生の内定取り消しが問題になっているご時世です。
中高年の再就職がどれだけ困難なことかは、見守る家族、同世代の人、引き受ける側の企業、みんなが分かっていることです。
いつまでもしょげていると、人生を前向きに捉えた人に次の就職先をどんどん取られてしまいます。
実際には会社都合でリストラされたとしても、新しい人生に向けて自ら転職を希望したのだ、と自分に言い聞かせるくらいのタフな精神力を持って就職活動にあたってください。

再就職に向けての勢いを保つ

|

世界中に不況の波が押し寄せて、身近な会社も次々つぶれていく・・・
これはただことではありません。
何としてでも今の会社にしがみついていたいのに、トントンと肩を叩かれ「いよいよ自分にもリストラの4文字が圧し掛かってきた」そんな人もたくさんいることでしょう。
突然の肩たたきに「まさか自分が?」と驚く人、またはそろそろ自分もリストラかなと予想はしていた人、どちらにしても生活のかかった仕事ですから、次の対策を練る必要があります。

解雇されたらしばらく気持ちの整理をしてから心機一転、就職活動を始めようという心づもりの人もいるかもしれません。
長く勤めてきた会社であれば、なおさら気持ちの整理に時間がかかるかもしれません。
しかし今後の生活のための対策として再就職を考えているのなら、退職後、ブランクが開くほど自分という商品の鮮度が落ち、採用されにくくなることも忘れてはいけません。
特に今は就職口を探す人が増えていますから、気持ちの整理に時間をかけている間に希望の会社の求人が埋まってしまうかもしれません。
再就職に向けての勢いを減速させず、チャンスを逃さないように情報を早め早めにキャッチしておきましょう。

求人情報は新聞だけでなく、求人情報誌や人材紹介機関、転職フェアなどいろいろな方法で公示されています。
とにかく再就職したい一心で焦って情報を見落として、とんでもないところに雇われてしまった、なんていうことのないように、情報収集は積極的に、入社は慎重に行なってくださいね。

自分の仕事史

|

会社が合わなくて自分から辞めた人、リストラによって会社を辞めさせられた人、いずれにしても次の就職先を探す上で避けて通れないのが採用試験、面接です。
そんな再就職の採用試験対策として、自分の仕事史を作ってみる、ということがあります。
新卒の社会人と違って、転職者にはそれまでの職務経歴があります。
採用する側の企業にとって、その人が以前にどんな会社にいて、どんな仕事をして、どんな実績を上げてきたのか、という経歴はもっとも関心を持つところです。
リストラによって転職せざるを得なくなった人にとっても、前の会社での経歴は大切なポイントとなります。
ぜひとも採用してもらいたい会社の面接で自分の職務経歴を上手くアピールできるためには、自分の仕事史を作成して細かくチェックし、相手が関心を持ってくれるようにまとめる作業が必要です。

面接対策としての自分の仕事史は、他人に見せるものではないので決まった書式もありませんし、パソコンで作ってももちろん手書きでも大丈夫です。
社会人になってからの仕事を振り返り、いつ、どこで、何をして、その結果どうなったのか、を書き込んでいきます。
「いつ」は年月を、「どこで」は会社名・部署名を、「何をして」は仕事の内容や取引先を、「その結果どうなったか」は実績を、具体的に書いておきます。
特にアピールしたい実績は数字で記しておくとよいでしょう。
加えて、その時その時に学んだことや感じたことなどの感想を書き込んでおけば、面接対策としてはより使える資料となるでしょう。

ハローワーク

|

リストラにあって会社を辞めて次の仕事を探しているなら、まずハローワークが思い浮かぶと思います。
求人情報を発信するだけでなく、雇用保険の給付手続きなども受け付けてくれるので、お世話になったことのある人も意外と多いのではないでしょうか。

ハローワーク=公共職業安定所は公的な機関で、信頼性も高く全国的に広がる施設のネットワークも魅力のひとつです。
求人情報の提供、職業相談のほかにも各業界についての平均賃金などの情報提供、失業保険の申し込みや認定手続きも行なっています。
また、必要な資格や能力を身につけるための教育訓練の紹介も行なっているので、就職対策としても活用できる施設です。

ハローワークはリストラや自己都合などで失業した人が行く場所、というイメージが強いようですが、もちろん現在仕事に就いている人でも利用できます。
将来転職しようと考えている人も情報収集や相談に訪れています。

再就職の対策としてハローワークを上手く活用するには、こまめに足を運ぶことが大切です。
失業保険給付の認定日にだけ訪れるより、数多く顔を出す人の方が断然有利です。
と言うのも、新着の求人情報へのアプローチは原則として早い者勝ちだからです。
またハローワークは仕事に関する全般的な情報の拠点になっているため、求人情報に限らず制度の改正やセミナーの案内なども知ることができます。
地域の雇用に関する情報を広く得るためにも、ぜひハローワークをフル活用してください。

人脈づくりの大切さ

|

不景気のこの時代、あちこちで派遣切りやリストラという暗いニュースが聞かれています。
こんな世の中で勝ち残っていくのは、人脈づくりに優れた人かもしれません。
人脈というのは「リストラされそうだから急いで作ろう」と思ってもできるものではなく、普段からどんな仕事にも誠実に対応し、どんな場にも積極的に出て行くことから生まれます。
解雇されないための対策として慌てて作れるものではありません。
しかし人脈の広い社員は会社にとっても有益なため、不景気でリストラを余儀なくされた場合でもそのような社員は会社に残すでしょう。

同業者や取引先に限らず、学生時代の恩師などとも日頃から密接な関係を保っていると、いざという時にも協力してくれる可能性があります。
このような人脈づくりはビジネスには欠かせません。
もし仮にリストラにあったり転職を希望して今の会社を辞めた場合でも、何らかの力になってくれるかもしれません。
日頃から誠実さを認めてもらえるような仕事振りで、まじめに付き合っていれば、「紹介しても間違いない」と転職先の会社を紹介してくれることもあります。

若い人なら求人広告の年齢制限にも十分ひっかかりますが、中高年になってくるとそれも困難になってきます。
そんなキャリアのある中高年の再就職対策として挙げたいのが、この人脈なのです。
不況の世の中、勝ち残っていくには誠実な人が築き上げた人脈こそが最大の武器になるのかもしれません。

求人広告を見る時の注意点

|

自分がまさかのリストラにあってしまった、さあ明日からの生活に困った。
そんな時にとりあえず何か仕事に就きたい、と求人広告や求人情報誌に目を通すでしょう。
ここでは、そんな求人広告にざっと目を通しただけで応募、採用されて「こんなはずじゃなかった」と失敗しないための対策として、求人広告の見方について少し注意したい点をお話します。
求人広告はスペースに限りがあるため、すべての情報を詳細まで掲載することはできません。
だからと言って、載っていない情報を自分で勝手に想像するのではなく、読み取れる情報はすべて読み取り、詳細は面接時に必ず質問する必要があります。
面接対策として、広告に載っている情報をよく読んで、説明を求めたい内容をチェックしておきましょう。

●職種
スペースが限られた広告では詳しい業務内容が記されていることはあまりなく、「営業」とだけある広告がほとんどです。
ほかにカタカナで記された職種など、仕事内容の実態がわかりづらい場合でも、業務内容について電話で詳細を問い合わせましょう。
●応募資格
特に年齢については目安と考えてよい場合もあり、多少のオーバーはキャリアや熱意を伝えることでカバーすることもできます。
●勤務時間
残業について明記してある会社は少ないようですが、面接時に残業の有無、あるとすれば時間的にどれくらいなのかを尋ねるとよいでしょう。
しかし仕事に対して消極的であるという印象を与えないように、さりげなく尋ねることが大切です。
●待遇・給与
社会保険完備ならまず安心です。
給与に関しては、不思議なほど高額であったり逆にびっくりするほど低額である会社もありません。
あまりに高額な給与を示している場合には、ノルマや長すぎる労働時間、あるいは犯罪ぎりぎりなどというそれなりの理由があるかもしれません。

リストラというあまりにショックな出来事に、我を忘れてとんでもない仕事に就いてしまわないよう、仕事探しは慎重に、かつ迅速に行ないましょう。

こだわりを捨てよう

|

自分の会社でもリストラが始まった、自分なりに業績を見直してみたり対策は取ってきたがいよいよ肩を叩かれることになってしまった・・・
長く勤め、尽くしてきた会社のリストラにあってしまうと、始めはショックで落ち込み、次第に自分のこれまでの人生が否定されてしまったような感覚に陥ってしまう人もいるようです。
なんとか再就職しようと転職活動を開始してみたものの、あまりの厳しさに再就職への意気込みも一気に冷めてしまった、これでは沈む一方ですよね。
確かにその通りで、この不景気のなか、雇用状況は悪化するばかりで特に中高年ともなると就職口がまったく見つからない、という声も聞かれます。

しかしよくよく聞いてみると、仕事がない、のではなく自分の希望する条件に合った仕事が見つからない、というケースが少なくないようです。
例えば、今までもらっていた給料に近い額がもらえないと嫌だ、とか自分にはこのような仕事しかできない、などのこだわりや思い込みです。
このようなこだわりや思い込みが、就職口の選択肢を狭めているのではないでしょうか。
再就職する場合は、よほど飛びぬけた特技やキャリアでもない限り、今までよりもよい条件で働けるところは見つからないものです。
かつてないほどの不況の中、それは当たり前のこととなっています。

この不況への対策を考える上で、これまではどうだったなどというこだわりは捨ててしまった方がよいでしょう。
不景気の波がサラリーマンの生活を直撃している今、「これまで並の生活が確保できなきゃやってられない」などと言っていると、ますます不況にあおられてしまいます。
とにかく、生活していくためにお金を稼がなくてはならないのですから、条件に妥協も必要なのです。

退職届を書かない

|

世間はどこを向いても不景気の波に飲まれてアップアップしています。
ひと昔では考えられなかったような安易な人材のクビ切りが、リストラという名のもとで行なわれています。
どんなに大企業で働いていても、もはや「自分は大丈夫」「この会社なら間違いない」という考えは通用しなくなっているのです。

そんな不安にビクビクしながら勤務していたある日、会社の経営不振を理由に辞めてもらえないかという勧奨があったとします。
あなたならどうしますか?
ほとんどの人は気が動転して訳がわからなくなってしまうことでしょう。
もちろん即答は避け、回答までの期限をできるだけ引き延ばし、自分の考えを落ち着いてまとめ、しっかりと対策を練る時間を作らなければなりません。
会社に裏切られたという気持ちから怒りが沸いてきて「こんな会社、自分から辞めてやる」なんて辞表を叩きつけるようなことはしてはいけません。
自分から退職届を書いてしまうと会社にとって好都合な「自己都合」での退職扱いとなってしまいます。
自己都合で退職すると、退職金の上乗せ分や失業給付の即支給権利が全部吹き飛んでしまいます。
これがリストラによる退職となれば、会社にとっては世間的にも金銭的にも不都合なことが多くなるので、会社側としてはできれば自発的に辞めてくれると助かる、というのが実情です。
あの手この手で自主退職に追い込まれそうになっても、決して退職届は自ら書かない。
これがまずリストラ対策の基本中の基本となるでしょう。

ウェブ広告

Powered by Movable Type 4.23-ja